カードローンの借り入れと返済

カードローンの利用をすることによって便利にお金の借り入れをすることができるのですが、専用のカードを発行してもらってからは自分の好きなタイミングでカードを使って借り入れなどが可能になっています。

カードローンでどれくらいのお金の借り入れをすることができるのかというのは事前に借り入れ診断などのツールを利用することで把握することができるので、借りたい目的に必要な金額の借り入れが可能かということも確認しておきましょう。

特に最近は総量規制が施行されたことによって借り入れの制限がかかっているので自分が思っているような借り入れができないというケースも少なくないので事前に調べて借り入れを進めて行くことは必要なことだと言えます。

カードローンの借り入れをする場合は対応しているATMで出金するようなスタイルになっているところが多く、特にコンビニATMが誕生してからはコンビニでの出金や入金などが便利になっています。

返済の方法についても対応しているATMに必要な金額を入金することで完了となりますが、この一連の流れが預貯金の取り扱いと似ているところがあることからこれが影響することによってあたかも自分のお金を取扱いしているような感覚になることがあります。

しかし、カードローンを利用して借りているお金というのは借金であることに違いないので必ず返す必要があるお金であるということを認識して借り入れをすることが借金で失敗しないためにも必要です。

ちなにカードローンを利用できる方は、20歳以上で安定した収入がある方になります。

こちらの条件を満たしていれば、主婦や学生の方でもOKです。水商売などのお仕事をされている方でも大丈夫ですよ。《水商売借入

 

カードローンの約定返済

カードローンの利用をしてお金の借り入れをする場合も他のローンを利用する場合と同じで約定返済と呼ばれるものがあり、これは毎月返す必要があるお金のことで約定返済額は借りている金額によっても変わります。

約定返済の内訳としては元金、そして金利になりますが、金利は一定になるので約定返済が多いほど元金の返済が占める割合が大きくなり、反対に約定返済額が低くなるほど返済に占める金利の割合が小さくなります。

昔は約定返済額を返済しても借金が減らないような時代もあったのですが、今はきちんと約定返済していれば返済ができるような仕組みになっているので、借金の返済をして借金が増えていくという状態にはなりません。

しかし、約定返済額が少ないと元金の減り方がかなり小さくなってしまうので自分では借金の返済がしっかりできているように思っても実際のところは全然借金の返済をすることができてないようなこともあります。

カードローンは追加での繰り上げ返済をするのに手数料などもかかってこないことから約定返済が少ないところでカードローンの利用をして余力がある場合に繰り上げ返済をするというスタイルを取るというのも方法の一つとしてあります。

約定返済額が高い方が完済までの期間は短くなりますが、毎月の返済にかかる負担が大きいと返すことが出来ない状態になることも可能性としては出てくることを考えると約定返済額は少ないカードローンの方がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です